年齢を感じさない!女40代、ますます輝くアンチエイジング・ケアについて

1日に必要なタンパク質の摂取量

1日あたりいかほどのタンパク質を摂取すべきなのかというと、体重1kgあたり1gが妥当だといわれています。 体重50kgの人ですと、1日に補給しておきたいタンパク質量は50gが適切だと推測できます。

しかし、これは標準的な生活をしている人を基準にしているため、相当に筋トレなどを頑張っているという人は、体重1kgにおいてタンパク質2gを基準にして取り込みましょう。

かなりハードなトレーニングや運動を行っている場合は、体重1kgにつき3gでもいいとされています。 しかしながら、筋トレなどを実施していないのに、体重1kgあたりタンパク質2gを取り込むと好ましくないケースもあるでしょう。

摂取を試みるときには、1回の食事によってひとまとめに補うのではなく、3食合わせて必要量を満たせるように工夫しましょう。

プロテインを摂るにあたって、そのプロテインのタンパク質保有率について掴んでおかなくてはいけません。 100%であれば含有量を計算する必要はないですが、中には80%や70%といったプロテインもありますから、それらはどの程度飲む必要があるのか考えましょう。

あまり知られていませんがタンパク質には質があるため、質がいいものを摂れるように気を使いましょう。 そして、1日3食きちんと食事を行っている人であるならば、体重と同様のタンパク質を補えていることでしょう。

従って、さほど深刻に捉えなくても良いのですが、エクササイズや運動をしているのならば必要量以下にならないように配慮すべきです。

タンパク質とアミノ酸の関係

簡単に説明をすると、タンパク質とアミノ酸は同類だと判断できます。

タンパク質に関しては、様々な種類のアミノ酸が集合したものであると考えれば分かりやすいでしょう。 体内に摂取したタンパク質はというと、胃の中でアミノ酸と化してから体内に運ばれます。

どうして分解を行うのかというと、元の状態のままだと分子レベルが適しておらず体に入っていくことが不可能だからです。 アミノ酸は20種類に分けられますが、どんな風にまとめるかの違いでタンパク質の仕事が異なります。 アミノ酸を色々な組み合わせにすることで、爪を生成したり、髪を生成したりと、人の体は作り上げられるのです。

この他、20種類存在するうち、体内で結合させられないものを必須アミノ酸として区別しますが、このようなものは食事などで補っていくことが欠かせません。 アミノ酸の質を掴むためにはアミノ酸スコアというものが使われますが、このスコアが高ければ高いほど良質だとされています。

質というのは、そのタンパク質を構成しているアミノ酸が、人体を形作るのにどれだけ相応しいかというものであり、適しているものは良い質のタンパク質だと理解されています。

アミノ酸が足りない状態に陥らないようにするにはどうするのが適しているのか、タンパク質を摂るには何をすればいいのかと思うと煩雑さを感じるかもしれませんが、大して重く捉えなくても大丈夫です。

極力バリエーション豊富な食材を取り入れるようにすれば、足りなくなることはおそらくないからです。

たんぱく質をしっかり摂る食生活

タンパク質が必要量以下にならないように、第一に1日3食きちんと食べることを配慮しましょう。

限度を超えた食事制限を実施してしまうと、食事から摂ることが可能な栄養素が減少するのは当たり前です。 加えて、効率的に摂取するには、朝食と比較して夕食のほうが適していると考えられています。

その理由は、筋肉というのは就寝中に生成されるのですが、その間にタンパク質が必要になると考えられているからです。 自分で料理をしている人であれば、栄養素についていくらかの知識を持った上で料理していくことも可能でしょう。

しかし、コンビニ弁当が中心の生活を送っていると、選択するお弁当によっては栄養素が足りなくなる恐れもあります。 それから、外食をすると単品メニューばかり頼む人も大勢いるので、食事はコンビニ弁当が多いという人と同様に栄養が枯渇するリスクがあります。

こういうことにならないために、タンパク質が多く摂れる食品に関して把握しておき、食事をチェックして栄養が偏っていると思えば、そこから1品多くするように心がけると好ましいです。 例を挙げると、冷奴・納豆・卵・牛乳・チーズなどは、おかずとみなして容易に使用しやすい食べ物です。

タンパク質は1日3食中のどこかで一気に補うのではなく、3食それぞれでバランス良く摂っていくのがベターだという考え方がされています。

栄養バランスを考えて3食全て考慮するのは難しいことですが、食事の品数をいつもより多くする配慮をすれば、取り込める栄養素は増大するはずです。

たんぱく質の欠乏による健康・美容への悪影響

タンパク質が十分でなくなった際、人間の体には様々な問題が出てくると言われています。

手始めに、筋肉が減ってしまうことが代表的ですが、筋肉量が少なくなると体力が落ち、力が伝わりづらくなるでしょう。 大きな負担がかかるものを運ぶことが厳しくなったり、少し徒歩で移動しただけで簡単に息切れしてしまう人もいます。

また、集中力が足りなくなるケースもあり、勉強や仕事が上手くいかなくなる懸念があります。 女性で貧血に悩まされている人は多いですが、タンパク質が必要量を下回ってしまうと、貧血の状態も悪化してしまうことがありますので予防する必要があります。

どうしてもだるい、どうしても疲れがとれないという問題も引き起こされやすく、行動意欲が欠けてしまいます。 さらに、免疫力が落ちることからささいなことで体調を崩してしまったり、怪我が完治しにくくなることも想定できます。

関節痛を引き起こしている人は関節痛の痛み強くなってしまうケースもあるでしょう。 たくさん嫌いなものがある人でないと、いつも通りの食事を続けている限りタンパク質が枯渇するようなことはありません。

とはいっても、ダイエットなどの関係から無理な食事制限をしていたり、バランスが崩れた食生活を行っているときには不足してしまうことがあるので注意しましょう。

人の体を生成する上でタンパク質というのはかなり大事な栄養素として考えられていますが、補給が必要になった際には体内に備わっているタンパク質を分解し、使用することになります。

こういうことにより多様な不調が出るのは当然のことなので、欠乏しないように対策を講じることが求められます。

ダイエット中もたんぱく質は必要

タンパク質は、体を大きくするという概念があるので、ダイエットにとって不必要な栄養素なんだと思い違いをする人がいます。

しかし、ダイエットという目的を果たすには欠かせない栄養素ですから、切らさないように気をつけましょう。 ダイエットを実施するために食事制限に取り組んでいる人もいますが、食事制限をしすぎるとタンパク質の量が足りなくなってしまう可能性が考えられます。

枯渇した際、肥満になりやすい体になる恐れがあるので配慮しなければなりません。

なぜダイエットをする上で外せない栄養素なのかというと、一番の要因は筋肉に関わることだとされています。 筋肉の割合が大きいほど体重は減りやすく、リバウンドしにくい体を生成することが可能なのですが、タンパク質が足りない状態に陥ると筋肉の生成が不能になります。

寝ている間にも筋肉が作られるので、夕食では意欲的にタンパク質を補うようにすると良いでしょう。 あと、筋トレをやり終わった場合にも取り入れるようにすると効果的です。

ダイエットの最中は野菜ばかりにこだわってお腹を膨らませてしまう人もいます。 だけど、これではタンパク質が不足してしまう可能性が高いため、一時的に痩せることができたとしても、普通の食事をした途端に元の体重に戻ってしまう恐れがあります。

ダイエットで失敗しないためには、リバウンドしない手段でスリムになることが求められますが、過度な食事制限はリバウンドのリスクを抱えてしまうでしょう。

過度にカロリーが高い食品は除き、カロリーが抑えられる食材を使って十分な栄養素がカバーできるように考慮してみてはいかがでしょうか。

年齢を感じさない!女40代、ますます輝くアンチエイジング・ケアカテゴリー項目一覧

アミノ酸

タンパク質

美容成分表